2007年07月02日

アパートやマンションも平屋の間取り?

 まず「アパート」と「マンション」の違いについて考えていきたいと思います。これらの名称の違いは「建物の構造の差」によるものです。「ハイツ」や「コーポ」というものは単なる名称で、構造の違いを意味するものではありません。

 アパートは、木造、プレハブなどの「準耐火構造」。マンションは、「RC(鉄筋コンクリート造)」または「SRC(鉄筋鉄骨コンクリート造)」などの「耐火構造」になっていることが大きな特徴です。

以前、知人から、給湯システムなどが完備されたものがマンションだと聞いたことがありますが、それは関係ないように思います。もちろん、RCやSRCなどの住宅は、内部も最新の技術を駆使して、時代にマッチしたよりよい環境を提供しています。

ですから、マンションはアパートに比べて高級なイメージを持ってしまいます。事実、家賃や管理費も建物の構造を反映して、アパートよりは高くつきます。

 私の住まいはアパートだと思っていましたが、マンションかもしれません。というのは、入居契約時にもらった「重要事項説明書」によると「住宅構造 = 軽量鉄骨、モルタル造/カラーベスト葺」となっているからです。しかし「種類 = アパート」です。ちなみ「管理費」は町内会・会費込みで月・3000円です。微妙なところです。

 そのアパートやマンションも、広義では「平屋」になるのではないかと思います。なぜなら、自分の居住スペースそのものは2階や3階にあったとしても、家の中には階段がない「ワンフロア」だからです。戸建住宅との違いは、隣家との境に押入れや壁が設置されていて、家全体の窓の数が少ないということだと思います。しかし、壁に面して家具を並べることができるという利点もあります。

 窓の数と位置は、住宅間取を見るとき大変重要になってきます。広い家であっても、やたらと窓が多い場合、家具の置き場に困ることがあります。また、室内の風通しを考慮した場合も、窓や個室を仕切るふすまや障子の存在が大きくなります。

余談になりますが、内開きの扉は使い勝手が悪いものです。家具の配置を考えるとき、あと数センチの余裕がないためにドアの開閉に支障をきたすことがあるからです。また、トイレの中で倒れていても助けることができません。

 このように考えると、戸建の平屋間取りとアパートやマンションの間取はおなじ「ワンフロア」という共通点があることがあることがわかります。
posted by 平屋 間取り at 01:47| 平屋 間取り